2016年10月08日

モリンガアイスクリーム

モリンガアイスクリーム

道の駅【有明】¥250

地元産の食材をふんだんに使用したアイデア溢れる「あまくさ地アイス」は、「アイスクリームデザイナー」を自称するアイスクリームショップ【フィレンツェ(有限会社 永田冷菓)】のオーナーが考案。
「いくり」「おにぎり(お米)」「天草晩柑」「チョコ晩柑」「塩アイス」「びわ」「鬼池醤油」「地ダコ醤油」などなど珍しいラインナップばかりです。

どれにしようか迷いに迷って、モリンガを選びました。
それというのも、店内に【天草モリンガファーム】のコーナー?があり、「アーユルヴェーダで4000年以上の歴史があり、90種類以上の栄養素をもち、スーパーフード認定植物。活性酸素を除去し善玉菌を増やす〜〜〜」と謳われていたからです(笑)

モリンガ茶を試飲してみたら、何とも言い難い独特の苦みとも渋みともつかない風味があり、いかにも身体に効きそうな感じがしました(曖昧ですみませんA^_^;)

さて、本題のモリンガアイスですが・・・
抹茶アイスと何ら変わりないような味でした。かなり、しっかり濃厚な抹茶風味。
成分表には抹茶は書かれてないので、「モリンガ粉末」自体が抹茶味なんだと思います。
モリンガは葉から種まで余すことなく利用できるそうですが、店員さんに聞いたところでは、アイスには葉を使用しているとのことでした。

天草アイス

次はどれにしようかな♪
やっぱ、こういうときキャンピングカーの冷凍庫が必要だなぁ。


SOTO Home Page
キャンピングカー放浪旅生活+SOTO+(ブログ)
全国道の駅情報+SOTO+
TwitterFacebookYouTubeInstagramフォトライブラリー

 ←応援クリックお願いします♪









posted by しう@SOTO at 00:00| 熊本

2016年09月28日

牧場ミルクソフトクリーム

ミルク牧場

らくのうマザーズ 阿蘇ミルク牧場】¥300

当ブログは基本「変わり種」のみなんですが、特例ということで・・・(笑)
牧場のソフトクリームは格別ですね。
濃厚クリーミーで美味しい!(´ω`*) ボリュームもあり大満足でした。

阿蘇ミルク牧場は遊園地感覚のレジャー施設で、入園料:3歳以上 350円になります。
ソフトクリームは、入口からすぐ正面にある「モーモーソフトの家」で販売しているので、ソフトクリームだけ買いたい場合は代表者のみ入れてくれます。

ほか季節のジェラート(マンゴーなど)もありました。
この日は雨で駆け込んだので、お店の写真など撮り忘れてしまいましたm(_ _;)m


SOTO Home Page
キャンピングカー放浪旅生活+SOTO+(ブログ)
全国道の駅情報+SOTO+
TwitterFacebookYouTubeInstagramフォトライブラリー

 ←応援クリックお願いします♪










posted by しう@SOTO at 00:00| 熊本

2016年09月23日

とちの実ソフトクリーム

とちの実

道の駅【瀬女】¥350

※7/23に訪れて、「下書き」したまま公開し忘れてました・・・すみませんm(_ _;)m

「とちもち」を販売している白山市地産地消推奨店【かんこの家】の「栃の実」を使用したソフトクリーム。

味わいは濃厚、舌触りは意外となめらか。
見た目や重みで、もっと「もったり」するのかなと思ったけど、ナッツ系にしては上品な甘さでした。
せっかくのご当地食材なので、コーンにも気を配ってくれると嬉しい。

ちなみに「栃の実」は見た目が栗と似ているのですぐに食べられそうですが、アクが強くてすっごく苦いのです。
美味しく食べられるようになるまでには、とんでもない手間ひまがかかります。
食べ方は、たいていは栃餅が一般的ですが、栃の実茶もできるようです。


SOTO Home Page
キャンピングカー放浪旅生活+SOTO+(ブログ)
全国道の駅情報+SOTO+
TwitterFacebookYouTubeInstagramフォトライブラリー

 ←応援クリックお願いします♪









posted by しう@SOTO at 11:31| 石川

2016年09月21日

豆乳ヨーグルト ブラックベリーアイス

豆乳ヨーグルト ブラックベリーアイス

南阿蘇鉄道 阿蘇白川駅
アメリカンダイナー 75th st.(セブンティフィフス ストリート)】¥300

店主さんによる手づくりメニューは季節によって様々。
この豆乳ヨーグルト ブラックベリーアイスも、もちろん自家製です。
(ブラックベリーは育てやすいそうです)
豆乳で作られているので乳製品アレルギーの方でも安心していただけます。

シャーベットがガチっと固まったような感じなので、少し溶け始めたくらいが食べごろ。
ガリガリいきたい方は、そのままで(笑)
ほんのり自然な甘味と、ベリーの酸味が夏にぴったり。疲れが取れそう♪

阿蘇白川駅

友人に教えていただいて来店しました。
ふだん列車に乗る機会がないので、ずっと無人駅だと思ってた!(^◇^;
カントリーとも違った雰囲気のアメリカンレトロな可愛いカフェです。

玄米コーヒー、自家製ジュース(しそ、梅黒酢、冷やし甘酒)、自家製ハーブティー(どくだみ、ローズマリー、スギナ、タンポポ、にがうり、しそ、にんじん、おおばこ)などなど、気になるメニューがいっぱいで飽きませんね。

*こちらも見てね♪
 2016年09月23日【南阿蘇鉄道 阿蘇白川駅のカフェ

SOTO Home Page
キャンピングカー放浪旅生活+SOTO+(ブログ)
全国道の駅情報+SOTO+
TwitterFacebookYouTubeInstagramフォトライブラリー

 ←応援クリックお願いします♪










posted by しう@SOTO at 00:00| 熊本